■女性は出産直後にEDになる!?

男性のED(勃起不全)というのは器質性EDといって病気やケガで勃起に必要な機能が失われるもの、あるいは心因性EDといって精神的なストレスが積み重なってインポテンツになってしまうことを指します。

(※EDびっくり情報http://www.faisalbughdadi.com/

これに対して女性編のEDというのは、正式名称を「女性性機能障害(FSD)」といって、セックスに対して嫌悪感を抱いたり痛みを感じたりしてセックスに対する関心が削がれていく症状を指しています。

女性編EDがもっとも発症しやすいのが“出産後のカラダやココロの変調”にあるといいます。

私の友人夫婦からも、「女房が上の娘を出産してから、まったくセックスに応じてくれなくなった」という話を聞いたことがあり、奥さんからは「セックスをする度に性器に痛みが走るようになって、もう少しゆっくりやさしくやってくれと言っても、応じてくれなかったから」という顛末を聞き出したことがあります。

それが女性編EDなのかどうか、当時は、女性性機能障害というEDがあるなどという知識もなかったので、知りようもありませんでした。

男性にくらべると女性は性行為に対しての関心や欲求が低いという一面もあって、女性がFSDを発症すると、セックスなどしなくてもいい、セックスの必要などないという思いが強くなっていくといいます。

加えて女性EDには非常にデリケートな心理が交錯しているために、それが女性編のEDだと判明しても、EDの原因自体を突き止めるのは非常に困難なのだそうです。

出産直後から女性が変わったという話はよく耳にしますが、女性編EDという障害があるとは思いもしませんでした。

Comments are closed.

TOP