京橋の風俗の店長に聞いたハナシ2

京橋のホテヘル店長に聞いた、風俗で当たりの女の子を選ぶポイントっていうのは、面接の時にもちょっと使っているらしい。

まあ、面接となると個人的で経済的な理由なりなんなりがまた重要なファクターになってくるから、風俗嬢を選ぶ時とは違うと思うけどね。

最初に店長が教えてくれた「その風俗嬢がM系かS系かノーマル系か」という話だけど、普通のホテヘルやデリヘル、ソープを使うんだったら、別に関係ないんじゃない?と思ったんだけど、実はそうでもないらしい。

ホテヘル店長によれば、基本、女性はほとんどがノーマル系かちょっとM系。

身体の構造上、受け身になるのは当然だという話。

でも気質としては、本来持っているものがあって、それはそれできちんと区別できるんだそうだ。

で、この気質の部分が大切で、これは本人のコメントやらなんやらを読めば絶対わかるとおっしゃってました。

《コチラもオススメ》・・・彼氏彼女はどっち?SかM気質を見分ける方法

従順なM系の娘と遊びたいと思ったら、自分のことをとにかく書き並べている娘を選んだ方がいいんだそうだ。

逆にちょっとS系志望なら、お客さんに対してメッセージをしっかり語っている娘とか、それから話題がはっきりしている娘。

これが狙い。

総じてM系はふにゃっとした文を書くことが多いし、S系はしっかりした文章の娘が多いみたい。

これも京橋ホテヘル店長の経験則だけどね。

僕はやはりM系女子が好きなので、だらだらした文章を書いている娘とかを狙うようにしている。

ただこれもルックス次第。

となるとやはり顔写真になるよね。